【比較】"重い鍋"と"軽い鍋"の違い

【比較】"重い鍋"と"軽い鍋"の違い

重い=厚み

煮物や汁物をする鍋をイメージしてお伝えします。一般的に重い鍋ほど、鍋の厚みがあります。一方で、軽い鍋ほど鍋の厚みは薄くなります。
ここでは
●重い=厚い
●軽い=薄い
としてお伝えします。

使い方により、"厚い鍋"と、"薄い鍋"のメリット・デメリットは異なります。
よく店頭でお客様とお話しする内容だけをお伝えするのであれば、"厚い鍋"は重いのですが、コゲつきにくく、コゲた場合も掃除が簡単です。


【煮物をする場合は、厚い(重い)鍋がおススメ】

●万が一、コゲても掃除が簡単
●温まるのに時間はかかるが、余熱調理ができる
●蓄熱力が高く、結果的に加熱時間が短くて済む
●お味噌汁の場合など、注ぎ口で水分が「ジュワッ!!」と飛び散らない

デメリットは
▲重い
ということ。

【ちょっとお湯を沸かす場合は、薄い(軽い)鍋がおススメ】

●軽い
●早くお湯が沸く

デメリットは
▲コゲた場合に洗うのが大変
▲お味噌汁の場合など、注ぎ口で「ジュワッ!!」と飛び散ることがある

ここでいう”重い””軽い”は感覚なので個人差があります。
是非店頭で一度は体験して頂きたい感覚です。

関連商品

ただいま関連商品はありません。

x